【つわりのピーク】

生理の遅れから妊娠が発覚。

それとほぼ同時につわりが始まります。

ムカムカし吐き気がするといったつわりは、ほとんどの妊婦さんが経験します。

吐き気の度合いは個人差があるものの、体のだるさや疲労感などいつもとの違いに気づくことでしょう。

言葉では言い表せないような体の不調と、いつまで続くのかといった不安に悩まされるかもしれません。

何か口にすると気持ち悪さで吐いてしまう。

空腹を感じると気持ち悪くなり気分が悪い。

乗り物酔いや二日酔いのような感覚が取れない。

こういった症状は本人にしかわからない辛さがあります。

しかしつわりは必ず終わりがきます。

10週~12週ごろがつわりのピークと言われ、安定期に入る16週ごろには終わりを迎えます。

【対処法】

妊娠初期の胎児はお母さんの体内に蓄えられている栄養素で十分に育ちます。

つわりで吐いてばかりで栄養が赤ちゃんに送れているか不安に感じるかもしれませんが大丈夫です。

この時期は無理に食べず酸っぱいものやスッキリするものなど、食べられそうな物だけ口にしていれば大丈夫です。

しかし水分が取れないと脱水症状に陥ることがあるため、医師の診察を受けましょう。

つわりが酷く入院が必要な人も珍しくありません。

入院までいかなくても点滴で少し楽になることもあります。

我慢せずどうしようもなく辛い時は周りの人や産院に頼って下さいね。

可愛い我が子に出会える日を楽しみに、妊娠初期の辛い時期を乗り越えて下さい。

こちらのサイトにも結構な情報が載っていましたので、参考に見てみて下さい。
妊娠初期症状~ママになる日に向けて!~